12月17日(金)おもちつき会が行われました。

当日までにそれぞれのクラスでおもちの絵本を読んだり、「もちつき」の歌を歌ったりして、もちつきの日を楽しみにしていました。

まずは、蒸す前のもち米をじっくりと観察。

「お米みたい!」「おもちのにおいがする!」とワクワクしている子どもたち。

もち米が蒸しあがるのを待つ間、紙芝居をみたり、「オモヤノモチツキ」のわらべうた遊びをして楽しみました。

そうしてる間に、もち米が蒸しあがり、いい匂いがしてきました。

蒸しあがったもち米を試食すると、「おいしい!」「おもちの味がする!」「ちょっとかたい!」とそれぞれ感想をおしえてくれました。

そして、いよいよおもちつきのスタート!

小さい組のお友だちも、重い杵を力いっぱい持ち上げ「よいしょ!」

大きい組のお友だちもみんなで交代して「ぺったんぺったん」

つけたおもちを自分たちで一口サイズに上手にちぎり、きなこもちとお汁もちにしていただきました。

自分たちでついたおもちは、ほっかほかでやわらかくて、とってもおいしかったですね!

たくさんおかわりして「おなかパンパ~ン♪」と大満足の子どもたちでした!