つぼみ幼稚園の教育方針

建学の精神

・ 幼児に適当な環境を与え、心身の健康な発達を援助する。
・ 心を豊かに広く持たせ、善良な気質を養う。
・ 集団生活の楽しさや約束を、教育・遊びのなかで体験し学ぶ。
・ 家族を尊敬し、日常の生活に感謝する心を育む。

教育の目標

つぼみ幼稚園の子は、明るくのびのびと行動し、きまりを考えられる子になり、 友達と仲良く楽しく遊びましょう。

教育方針

1.心身ともに健康な子どもを育てる。
・ 心を豊かに広く持たせ、平等に子どもを育てる。
自分のことは自分でする意志を育てる。
正しい、正しくない(正、悪)の判断を考え、行動に移せるようにする。
よく歩くことで健康な身体を作り、年齢に合う知能教育をする。

2.集団生活の中で友達をたくさん作る。
・ 遊びのルールを守り、自主的、活発に行動できるようにする。
言葉で発表(意思表示)ができるようにする。
お互いの気持ちを尊重し、異なるところを認め合うことができるようにする。

3.父母、家族を尊敬し、日常の生活に感謝する。
・ 家族に感謝する心を育てる。
節度や礼儀をわきまえる。
畏敬の念を育てる。

成長する喜び

自然と触れあい季節の流れを心と身体にいっぱい感じることで、成長する喜びを味わってほしい、と考えます。

進歩と可能性

歩くことや、道具や遊具を自分で考えながら目的に合わせて扱うことで、脳に刺激を与え、進歩と可能性の拡がりを感じてほしい、と考えます。

向上心と根気を養う

リズムを持って生活や活動をするなかで健康に過ごし、ひとつのことを丁寧に繰り返したり続けていくなかで向上心と根気を養いたい、と考えます。

挨拶

感謝する気持ちやしつけ(躾)は、挨拶や御礼・時間や場所の言葉を言うことから始まる、と考えます。