3月3日(木)に今年度最後のやまびこクラブ、交通安全教室が行われました。

今年も福井警察署の方が2名来てくださり、交通ルールについてたくさんお勉強をしました。

パネルにて、「歩道」について学びました。みんな警察の方の質問にも積極的にたくさん答えていましたよ。

そのあとは年長児が一人で傘を“開く・さす・閉じる”の練習をしました。

持ち方や傘を使うときのお約束事も確認しました。

小学校に向けて、お家でもまた練習してみましょう!

次に、全園児で横断歩道を渡る練習をしました。

横断歩道を渡るときはまず「止まる」、そして左右の確認。もし、車が止まってくれたらペコリと運転手にお辞儀をしてから渡る練習もしました。

また、渡っている時も運転手から見えるように、右手をピン!と伸ばして渡ったり、左右を見ながら渡る練習もしました。

小さいクラスのお友達も上手に渡れました(^^)

運転手に向かって「ペコリ~」

そして年長児は外歩きの練習もしました。

いつもはお家の方と一緒に歩いている道も、一人で歩くとまた違った風景に見えたと思います。

緊張しながらも、自分の目でしっかり右・左を確認し、大きな交差点も無事に渡って帰ってくることが出来ました。

4月から小学1年生。道路を歩く機会もぐんと増えると思います。今日学んだ交通ルールを忘れず、たった一つの大事な命をこれからも自分でしっかり守りましょう!

全員ホールに再び集まり、警察の方から「反射材」と「シートベルト」についてのお話を聞きました。

この特別なメガネで見ると反射材が光って見えます!

「洋服とかカバンが光ってる!」と子どもたちも実際に体験することで、反射材の大切さを知ることが出来ました。

最後に、1年間頑張ったご褒美にプレゼント渡し。

警察の方へ歌のプレゼント♪

1年間、やまびこクラブを通して、交通ルールをたくさん学ぶことが出来た子ども達。

これまでに教わったことを忘れず、4月からも元気いっぱい過ごしましょう!