7月27日に防災センターに、年中児と年長児の子どもたちが行きました。

まず初めに、DVDで火事や地震についてのお勉強をしたり、〇✕クイズをしたりしました。

そのあとは実際に地震・火事・台風の体験をしました。

震度4を体験し、大きな揺れにちょっぴり不安そうな表情をしている子もいましたが、机の下にもぐりしっかり自分の身を守ることが出来ました。

外で地震が起きた時は、家の塀や自動販売機など、地震で倒れてくる可能性があるものの近くには近づかない。

周りをよく見て、なるべく何もないところでしゃがんで頭を守る練習もしました。

火事が起きたら、煙を吸わないように、腰を低くしてハンカチで口をおさえて避難。

風速20mの台風も体験しました。

最後に、今日一日しっかりお勉強ができた証として、賞状をいただきました。

防災センターで学んだ「命を守る大切さ」

そして、もしもの時にどうやって自分の身を守るのか・・・。

これからも園内でも避難訓練をなど通して、しっかり取り組んでいきたいと思います。